Real-time MARC Solution

全ての国内・外の
図書に対する
MARC DATAを
提供しております。

全世界の図書館業界は文献の書旨情報を交換する国際的なネットワークシステム
を作るための努力をしていて、この作業は AACR2、ISBD、LCSH、MARC、
DDC、LCC、KCRなどで標準化してから MARCの出願に影響を及ぼした。

機械可読型は1950年代にLCから始まり、1965年 LC MARC Iが開発して 1968年に修正・補完した MARC IIが制定し、カード目録の限界を乗り越え ることができて書旨情報の中心フォーマットで図書館自動化の核心になることができた。この企画は外形式であり、書旨情報を交換するために磁気テープに物理的に 記録する方法を決めたことである。

    全ての国内・外の図書に対する MARC DATAを 提供しております。

· 国内・国外の最新刊を各図書館別に合わせたMARCを提供。


· ご希望の図書を申し込むことで、各図書館に合わせたMARCをリアルタイムで提供。


· 国内・国外の図書100%MARC提供。


·またMARC提供はもちろんのことで、MARC XMLやMODSも提供している。