適用及び期待効果

E-CIPコンテンツサービスは韓国内・外の6カ国の約2,300万種の書旨情報を提供します。
これを使ってユーザーは手安く、便利に希望図書の申込みができて図書館が保有している図書には本のイメージ、
目次、紹介、書評などと最大で約40ページの「プレビュー」を見ることができます。
これによって図書館は書旨データの価値を大きく高めることができます。
特にユーザーは E-CIPコンテンツサービスを通じて論文の約1億種を検索し、原文を無料で活用することができます。 

また手書・整理・寄贈など司書のあらゆる業務をなくすことができます。  
従って E-CIPコンテンツサービスは図書館、司書、ユーザーみんなに良い革新的なコンテンツである同時にソリューションであります。

期待効果

図書館

    図書館の効果

  • - Reference Serviceを強化
  • - 図書館の書旨データの価値の向上
  • - 司書の重複・繰り返しの業務を大きく解消
  • - 正確性、安全性、迅速性、効率性、拡張性の極大化
  • - 司書の研究機能に寄与

ユーザー

    ユーザーの効果

  • - 最新資料を学習資料として迅速に活用
  • - 手安く、便利に希望図書を申込み
  • - 6カ国の多様な資料接近と活用
  • - 韓国内・外の論文3,000万種の原文を無料で活用

出版社

    出版社の効果

  • - 効率的な図書広報が可能
  • - 出刊予定の図書を広報が可能
  • - 各出版社は入力したデータを業務に活用ができる
  • - 出版社はいい本を作るための企画だけ
  • - 営業費用減少